M's note

ヨーガな暮らしを目指して…日々のちょっとしたこと。

カンボジア(バンコク)、7

タイ・バンコク、気がつけば5年半ぶり!です。

プノンペンからの飛行機は以前の国際空港であるドンムアンに到着です。

そしてタクシーで市内へ…

久しぶり、だけれどやっぱりアジアは不思議となじみます。

そして馴染みのあるところだと安心して移動を味わえます。

いつも変わらぬ大渋滞で、思った以上に時間はかかりましたが宿に到着。

 

もうわりと遅い時間でしたし、今回事前に予約した宿はあまり便利でない立地なので、近くのセブンイレブンでルーティンの缶ビールと食料を少し購入し、

おとなしく部屋で過ごしました。

そしてそのお部屋、不思議なつくり。ブテイック刑務所?みたいな。

狭いのは全く構わないのだけれど、シャワーとトイレの小部屋が全面ガラス張り…

それもまぁ良しとしてもトイレのドアを閉めるとシャワーの方が開いてしまい、

シャワーの方を閉めると、トイレの方が開いてしまう。必要なドアが足りない。

ベッドとその小部屋、特に仕切りもなく、1つの小さな空間にそれらが全て隣り合わせで設置してある感じ。

 

この部屋だけたまたまかな?とフロントの人に確認してみると

全部その作りだと…そっか…まぁ我慢するかと思ったのだけれど…

水回りや匂いのあるものだしやっぱり気になる。落ち着かない。

 

結局最後の一泊は近くの良いホテルに移動しました。

オフシーズンの直前予約で安く泊まれました。

この旅最初で最後の贅沢空間&普通の設備…。落ち着く!

 

神経質な私には安宿旅行は向かないと分かっているのだけれど、

昔から自分に課してしまっているところがあります。

快適なことに罪悪感をおぼえる…

 

 

 

バンコクはこれといって何もしませんでした。

色々考えてはいたのだけれど、暑さもありもういいやとなっちゃいました。

 

f:id:masayo00:20180111095522j:plain

 

お決まりのサイアム周辺少しぶらぶら、

5年半前に買った良い香りのバームを求め水上バスにのって出かけたり(なかった)、

近場のお寺を1つだけ訪れ、沢山受けるつもりでいたタイマッサージも

1回だけ。

 

後は最後に落ち着いた部屋でまったりすごしました。

何もせずもったいなかった気もします。。。

沢山食べるつもりでいた屋台の食べ物も1~2度程度。

なんだかパンばかり食べていた気がします。

もっと色々食べたかった…1番悔やまれます。

f:id:masayo00:20180111102633j:plain

f:id:masayo00:20180111102737j:plain

やさしかったおじさんの屋台

 

久しぶりの印象は、バンコクは以前からですがほんと都市。

国際的な大都会。その感じが以前より強かったです。

そして、何でも値段が結構高くなったように感じました。

何がかはっきりわからないけれど、漠然と5年半前とはすごく変わった!

と思いました。

 

f:id:masayo00:20180110104700j:plain

 バンコク的光景

 

 

f:id:masayo00:20180110104530j:plain

かかかわいい…

 

f:id:masayo00:20180110104614j:plain

 

 

つづく…