M's note

ヨーガな暮らしを目指して…日々のちょっとしたこと。

カンボジア、3

シュムリアップからプノンペンへはバスで移動しました。

(バスではなく…バンでした。シーズン的に雨季の閑散期、人が集まらなかったのかな)

出発寸前まで、ほんとにバスあるんでしょうねぇ…?

な雰囲気満載でしたがようやくバス、バンが現れ、ほっと一安心…

 

f:id:masayo00:20171210225141j:plain

きれいなバスの待合所

f:id:masayo00:20171210225250j:plain

 

記憶が曖昧ですが、片道6時間程度だったかと思います。

お昼過ぎに出発、夜7時位には到着したかと思います。

車窓は写真は全くとらず記憶に収めました。

バンの窓は小さめ、汚れもあり暗くて…。

田舎の風景や土っぽく感じる風景、時々小さな集落という繰り返しでした。

心落ち着くものでした。

 

日本でも乗り鉄、ローカルバスも大好きな私には6時間程度のバス移動は

少しも苦にならず、環境が悪くとも一種の瞑想です(笑)。

人々はパジャマ上下率高く(日中外出時)8年前と変わらぬ様子でした。

途中一回ちょっとした町のこぎれいな飲食店で20分程度休憩(無合図無説明)

がありました。

お腹は空いていませんでしたが、せっかくなので甘味食べてみました。

少し複雑なオーダー法だった記憶です。会計は食べてから席にお店の人を呼んで…

という感じで回りの人を盗み見て真似しました。

飲食店にいた人々はゆとりのある層かなという感じでした。

f:id:masayo00:20171210224307j:plain

f:id:masayo00:20171210224643j:plain

f:id:masayo00:20171210224725j:plain

f:id:masayo00:20171210224453j:plain

 

シュムリアップで出会った旅行中の欧米の人々や、在住の外国の人に、

プノンペン気をつけろ的なことを嫌というほど言われ、

4泊する予定でしたがなんなら短縮しろとも言われまくり…

スマホの充電も切れており地図等も見れず、夕方暗くなってからの到着なのに

どこに到着するのかも調べきれず…

久々の旅人の私は憂鬱&不安でした。

石油みたいな微妙な匂いのする狭いバンの中は、

あぁ到着までは何もしなくていい~、

考えないようにしようという一時の安心の居場所でもありました。

 

 

プノンペンが近づいたらしい頃になると…いきなりものすごいバイク&渋滞、

何とも言えぬざわざわ感、不安になりました💦

f:id:masayo00:20171210230434j:plain

 

 

つづく…