M's note

ヨーガな暮らしを目指して…日々のちょっとしたこと。

2冊の本から。

 

 空也上人。

 f:id:masayo00:20160124133426j:plain

平安時代の僧。

京都の六波羅蜜寺に安置されています。

教科書などで見たことが一度はあるかと思います。口から何やら出ているおかたです。

(南無阿弥陀仏の六文字が阿弥陀像として出ています。)

 

 

 

「捨ててこそ空也」(梓澤要著)を読みました。

急に無性に、空也上人が気になって仕方がなく、

図書館で借りて読んだうちの1冊です。

  

フィクションが苦手で普段めったな事では"小説"は読まないので、

とても珍しい事です。

歴史や時代のものを最後まで読んだ事もとても珍しいです。初めて?

いつも必ず早々に挫折します。

 

  

 

物語の中には多くの心に残る場面や言葉がありました。

 

執心を捨て去ってこそ、初めて無心になれる。「捨ててこそ」といったのは

そういう意味だ。智慧も、愚痴をも捨て、善悪の境界を捨て、

貴賤上下それぞれの価値観や道理をも捨てる。

地獄を恐れる心を捨て、極楽を願う心も、悟りを望む心をも捨てる。

心の一切を捨てきってこそ、自分自身を捨てたことになる。

ちっぽけな自我意識を捨てて、はじめて、真の自分自身を見出すことが出来る。

 

空也さんが言っておられました。

その前に「執心」に関する心に残るやり取りがあります。

 

 

昨年末気になり、再読した「ヤノマミ」(国分拓著)の深く印象に残った箇所を

思い出しました。最後のほうに書かれていました。(あとがきだったかな?)

 (ヤノマミ、アマゾンの先住民族。ヤノマミ=人間という意味がある)

 

自分は(著者)何者でもないのに、万能のように錯覚してしまう事や、

さも「善人」のように振る舞うことや、人間の本質が全て「善」

であるかのように思いこむことに慣れ切った人間だ。

ヤノマミは違う。レヴィ=ストロース(フランスの人類学者)

言ったように彼らは暴力性と無垢性とが矛盾なく同居する人間だ。

善悪や規範ではなく、ただ真理だけがある社会に生きる人間だ。

 

言葉のうえだけでなく、ヤノマミという民族の生活を読んだうえで

深く深く残りました。

 

 

「捨ててこそ空也平安時代の僧のお話

「ヤノマミ」現存するアマゾン先住民族のお話

 

 

全く分野の違いそうな2冊から共通する教えをもらった気がします。

人間の原点というか、なんというか…

日常の気持ちに、いかしていきたいです。想い起こせるようにしたいです。

 

 

今年はこれまでと違う本も読んで、固まりつつある脳を活性化させよう

と思ったのでした。