M's note

ヨーガな暮らしを目指して…日々のちょっとしたこと。

ヨガニドラの練習。

 

最近なんどきも、いつにない程、自分の呼吸の浅さを感じることが多いです。

 

f:id:masayo00:20150719120829j:plain

 

じっとしたり静止することに特に息苦しさを感じるというか、

不安を感じるというか。

たまにはそんな事もあるし、意識的に呼吸をすれば

なんとなく気にならなくなったりするのですが、

この頃はそれでも浅さが気になります。

 

 

それもあり、ヨガニドラ(ヨギックスリープ、ヨガの眠り)

というリラクゼーションをここのところ行うようにしています。

ヨガニドラは呼吸の改善というわけではありませんが、

肉体と心に深いリラックス効果があるといわれています。

ざっくりとした説明を…

基本的には仰向けで行います。

意識は起きている、覚醒している状態で意識的に行うリラクゼーションです。

眠ってしまってはいけません。

ちょうど、眠りに落ちる前のような感覚に似ているとも言われます。

身体を意識的にリラックスの状態にしていきます。

色々なやり方があります。

私が知っている範囲でだいたいに共通しているのは、

まずサンカルパ、なりたい自分を決心し、心の中で数度唱えます。

(サンカルパはシンプルかつ明確で、自身にとって意味のあること)

行うたびに変えることはせず、毎回同じサンカルパを繰り返します。

そして身体のパーツごとに意識を向け、さらに呼吸にもじっくり意識を向け、

そしてガイド(誘導)に従い、それをイメージすることを繰り返してゆきます。

(例)暑さ寒さの体感的なことや、青空、湖、森などの景色だったり、色々なパターンが

あります。想像のなかでリラックスを練習、経験します。

(DVDやCDを用意しなくても、YouTube等にたくさんの良いヨガニドラが

あげられています。自分にあうものを探してみると良いかもしれません。)

それにより、肯定的な影響を潜在意識にあたえ、

心を修復、または自分の求めるよう再び条件づける…

というような感じです。

うまく行うと、30分で3時間の深い眠りに匹敵するといわれています。

ガイドを使わず自身で行う方法もあるようですが、

やはり集中して上手く行うには、ガイドが必要かな…と思います。

 

 

昔から、シャバアーサナ(屍のポーズ)が得意ではなく

リラックスすること、力を抜くこと、またそれを自分に許すことが

めっぽう苦手です。

ヨガニドラも出会ったころは、心地よさを感じる事が全くできず、

じっと横になることに苦しささえ感じました。

もしくはただ眠ってしまったり。

今はその当時よりは少しうまく感じることができるようになったと思います。

 

 

自分で自分を信頼し、癒すことを日々取り入れられるよう…

これからも練習し、変化を感じていきたいです。